貧乳の原因は睡眠不足?

MENU

貧乳の原因は睡眠不足にあった

貧乳の原因が睡眠不足にあると知っているでしょうか?

 

これは実際にテレビでも放送されたことです。

 

夜の10時から2時までの間は、シンデレラタイムとかゴールデンタイムと呼ばれています。

 

バストアップに必要な成長ホルモンが一番分泌される時間帯だからです。

 

この時間帯に寝ていないと成長ホルモンの分泌が少なくバストが成長出来ません。

 

 

思春期に遅くまで勉強をしていると

 

思春期では、受験戦争のために夜遅くまで勉強していた方もいるでしょう。

 

その場合ですが、胸が小さくなる傾向にあるようです。

 

これは実際に専門家がデータを出して検証された結果です。

 

逆に思春期にしっかりと勉強していた人ほど胸は大きくなる傾向にあります。

 

睡眠不足に陥ると、自律神経失調症になってしまうわけです。

 

自律神経失調症になると、成長ホルモンが上手く分泌されません。

 

このことから、貧乳になってしまう場合が多いわけです。

 

 

睡眠不足は血行と代謝も悪くなる

 

睡眠不足の状態が続くと成長ホルモンが分泌されないだけでなく、女性ホルモンのバランスも乱れてしまいます。

 

さらに、血行が悪くなり胸まで栄養が届かないなど、体が悪循環に陥ってしまうのです。

 

あと、腸などの機能が低下して便秘や下痢などを引き起すことも多いと言えます。

 

尚、思春期を過ぎても正しい食生活を行うことで、成長ホルモンを活発にしてラクトゲン受容体が成熟します。

 

ラクトゲン受容体を成熟させることで、20歳を過ぎてもバストアップさせることは可能です。

 

ラクトゲン受容体は説明すると長くなるので解説は省きますが、バストの成長を考える上で大きな役割があります。

 

思春期に睡眠不足だった方も、今からでも遅くないので夜更かしなどの睡眠不足を止めることがお勧めです。

 

バストアップと言うと、サプリとか体操とか、マッサージと言ったイメージがありますが、睡眠時間と言うのも非常に大事になります。

 

きちんとしたストレスのない食生活を行いましょう。

 

 

この記事を読んだ方は下記の記事も読んでいます。

 

ナイトブラは必要か?

 

着用系でバストアップ

 

シークレットクイーングラマラスジェル